保険営業に惑わされるな

悪質な保険セールス


悪質な保険セールス」と聞くと無理やり加入させられるセールスを頭に浮かべてしまいますが、ここでは分かりやすい悪質セールスを言うつもりはありません。一般的な生命保険の加入はすでに一社に絞った段階から始まっているのではないでしょうか?その時点で選択肢はものすごく少なくなってしまっていますが、さらには会社に一番メリットのある保険(逆に言えば一番損する保険)に加入させられているケースもあるのです。

もちろん、誠実で良心的な保険会社の保険セールスマンがほとんどだと信じたいです。しかし、中にはお客様のメリットよりも

自分の営業成績を最優先

させる自分本位なセールスマン、セールスレディもいることは事実です。そんなのに引っ掛かってしまっては月々の保険料は無駄に高く、いざというときに役に立たない生命保険に加入していることになります。そして見直しをしない限り、それを気づくのは万が一になってからです。親が自分のために思って加入した保険がそれとも限りません。子供のために加入した保険がそれかも知れません。少なくともそうではないという確信を現時点で確認して頂きたく思います。

ただ、どんな誠実なセールスマンでも自社の保険を最優先させるのは当然の事です。所属していない他社の保険を勧めることを期待するのは無理な話です。そういった点からみても総合保険代理店で様々な会社の保険を扱っている相談サイトを利用するメリットは大きいと思います。

知りたいのは欠点


保険商品は、それを販売している保険会社、保険営業マンに説明を受けても意味がありません。

絶対に欠点がわからないからです

生命保険は無駄のない保険というのは家庭、個人によって異なります。つまり、商品自体の欠点という訳でなくても、あなたにとっては欠点という事は十分にありえることなのです。そんな商品が生命保険なのですから目立つ欠点というのを見つけにくいのです。

当然、どんな保険商品も売り文句のために魅力的なサービスが一つぐらい含まれているはずです。保険会社の担当者はそれを全面に持ち出してくるでしょう。これから売ろうとしているのにワザワザ欠点を挙げてくるはずもありません。残念ながら生命保険を利用するのは万が一の時です。普段は保険料を払っているだけの目に見えない商品なのですから、欠点を途中で気づくことなどありません。それに気づく時は生命保険を使う万が一のときなのです。

本当の保険商品の欠点を知りたければライバル会社に聞くのがベストです。ライバル会社は必ず粗を探しているものです。つまり、保険に精通している外部の人間こそがあなたにその商品の欠点を教えてくれるのです。こちらは、逆にその商品のウリを教えてもらえることはできません。当然ながらワザワザ他社の商品を頑張って販売する理由がないからです。こちらに聞けば、あなたにとってこの保険はこの部分が無駄ですよと適切な忠告をくれると思います。

パンフレットを見るだけでその保険商品の優れているところはすぐに分かります。しかし、こういう人には無駄な商品ですと書かれたパンフレットを見たことがありません。特定の保険会社に所属している人からそれを聞き出すことも難しいでしょう。

知り合いからの紹介の落とし穴


生命保険は身近なひとから契約してはなりません。もちろん高額商品である生命保険を義理で契約するような気軽なものではないという点もそうなのですが、それとは別の意味もあります。生命保険はかなりプライベートな商品です。

あなたの収入やあなたのライフスタイル、あなたの将来性などをしっかり見越して契約する商品ですから、

知り合いにプライベートなことまで筒抜け

になります。もちろんそうしなければ間違いない保険を選ぶことはできません。

また、保険ですから最悪なことに人には言いづらい事情でお世話になることだって考えられます。もし、暴行を受けて医療保険を利用する場合は?そのせいでPTSDになってしまい入院生活をするようになったら?HIVに感染したら?などなど・・・。似たような状況はまだまだあります。中絶、流産なども言いにくいことではないでしょうか?

給付金をもらうときにそれらの事情を隠して受け取ることができると思いますか?また、隠すことにより告知義務違反になり、契約解除になってしまうことだって十分有りうるのです。赤の他人ならまだしも、身近な人だからこそ言いにくい事があるのです。

身内紹介が一番ヤバい


身内や近い友人から紹介される保険が一番怖いと感じるときがあります。生命保険の営業はかなり難しく、なかなか契約に結びつくことは難しいのが現状です。ここはもし、あなたが生命保険会社の営業についたと考えればわかりやすいです。上からは営業成績、ノルマなどを課せられるのです。しかし、入って間もないあなたは営業を飛び込みで行うことになるでしょう。

しかし、飛び込みで営業をかけてもなかなか契約まで行くことはそう簡単なことではない事は容易に想像できます。そこで最初に思いつく契約してくれそうな場所と言えば?

親族、友人などごく近い存在です

もちろん、みんな親族をだますつもりはまったくありません。しかし、そんな新入社員が研修を終えているとはいえ、すべての保険を奥深くまで知り尽くしている訳ではありません。保険商品の落とし穴があっても気がつかないのです。商品のデメリット部分を把握しないで人気商品だから「悪い保険をすすめた」という感覚すら持っていない可能性があります。

ベテランともなればいろいろな保険を知り尽くし、本当に良い生命保険を勧めてくれる可能性はあります。ましてや他社の生命保険を勧めてくれた場合は本当に親身になって考えてくれたのかもしれません。しかし、身内に限らず、新人営業マンは他社の保険どころか、自社の保険内容を完璧に把握しているかというのも疑問すら思います。

もちろん研修で習うことは習得していたとしても、保険は深い所まで掘り下げなくては本質が見抜きにくい商品でもあります。セールスの初段階でやってくる身内の営業は悪気はないけど信用できないことも頭に入れておいたほうが良いと思います。もし、身内紹介や近い人から勧められた保険に加入している人は下記サイトなどを使って今、加入している保険が本当に良いものなのかを確認する意味も込めて見直しを行ってみてください。

義理で生命保険に加入するな!


生命保険のセールスマンは世の中たくさんいると思います。管理人はそのセールスマンの話を聞く必要はないと思っております。前から思っていた事なのですが、最近改めてそう思わせることを聞きました。

管理人の知り合いが生命保険の代理店に就職したのです。入社してすぐに何を要求されたと思います?・・・なんと

「卒業アルバムを持ってこい!」

と言われたそうです。思い出の品は卒業学校名はもちろん住所、電話番号、年齢、顔写真まで個人情報満載の保険代理店が喉から手が出るほど欲しい情報の一つだと言うことが分かりました。

要するに身内、友達に営業をかけろと言うつもり以外にはありません。そんな方法で勧められた生命保険が安心できる保険なわけがありません。もちろん営業なので保険の良い事だけを並べて説得してくるはずです。しかし、それは持参した卒業アルバムからピックアップされた、自分の成績、会社の利益のためだけに勧められた保険である可能性が高いと言えます。

その知り合いはやり方が嫌だったのですぐに退職しました。私も大事な友人を失うような仕事は辞めたほうが良いと思いました。生命保険に限らず、営業というのは自社の良い点を並べ、時にはその良い点を信じさせるために悪い部分も少しだけ言う高等技術を用いて信用させようとすることが多々あります。

比較せずに話だけ聞くと思わず、これ以上の生命保険はないと思ってしまうことでしょう。身内、友達だから信用できる保険という稀なケースに期待してはいけません。じっくり比較して最良の保険を選びましょう

保険セールスマンについて


以前私が会社勤めの頃から知り合いの大手生命保険会社の営業マンと久しぶりに会うと、何とその大手生命保険会社を退社していました。当サイトにも少なからず情報を提供してくれお世話になった人でもあります。大変な仕事というのは分かっていましたが、保険の営業というのは過酷だということを改めて感じさせてくれました。

保険商品も会社にとって稼ぎ頭になる粗利益の高い保険商品から、下手をすれば赤字になる商品など実に様々です。当然、会社からはお客にとって好ましくない粗利益の高い商品を進めるように強要されます。それが社員の給料に跳ね返ってくるのですから営利企業の保険会社としては当然の事なのかもしれません。

しかし、保険のセールスという仕事は昔から

離職率が高い職業

だと言われていますが保険商品は通常、10年、20年の長い間お世話になるものです。その入口である保険セールスマンが5,6年で辞めていったのでは最後まで責任をもって加入した保険に対して行っていないのが現実だと言うことが言えると思います。

つまり、保険セールスマンが親身になって保険のことを考えてくれているつもりでも、数年後に会社を辞めるかもしれない人かもしれないということです。保険というのは一時的な商品ではありません。継続的な商品だからこそ保険セールスマンで商品を選ぶのではなく、商品そのものをしっかり選ぶ必要があるのです。

あなたの為でない保険営業


もし、あなたが保険の営業マンに「え!、そんな高い保険料支払ってるの?」と言われた場合、どんな感情が生まれますか?おそらく今の保険を恨み、安い保険を教えてとその営業マンに頼ろうとするかもしれないのではありませんか?安い保険料というのは営業マンにとっても営業しやすい商品です。確かに保険選びでは保険料というものを無視するわけにはできませんし、比較材料で重要かつ大切な一項目であることは間違いありません。

しかし、営業マンはあなたのために安い保険料の生命保険商品を勧めているとは限りません。ただ、成績を上げたい、契約件数を増やしたいがために安い保険料の保険商品を勧めている可能性が十分にあり得るのです。生命保険という商品は一つではありません。その生命保険という大きなカテゴリのなかに数えきれないぐらいの種類があるのです。生命保険はその商品内容も必ずしっかりと吟味しておく必要があるのです。

単純に売りやすい、保険料の安い保険商品を勧めると万が一の時に役に立たない保険に加入してしまうことになりかねません。そうなれば

困るのは営業マンではなく、あなた自身

なのです。その場の契約成立のために万が一のことを考えずに営業する営業マンがあなたの保険を親身になって考えたとは思えません。生命保険に限らず保険に加入する理由は万が一の時のためです。その最大の目的を見失い保険料が安いという理由で本来の目的を見失ってはいないでしょうか?

生命保険会社が勧める保険はあなたにとって一番損


一社に絞って生命保険で選ぶと危険がいっぱいです。生命保険会社の運営は貴方の保険料が主です。当然、利益の大きい商品を一押しにしがちです。別に生命保険会社に限らずどんな商品、どんな店でも利益の高い商品をオススメするのは当然です。生命保険も形が違えど同じ商品です。

同じように会社にとって一番良い、利益率の高いものを薦めてくる可能性は非常に高いと思われます。しかし、他社と比較した場合はどうなるでしょうか?同じように利益率の高い商品を薦めてきた場合、他社に顧客を取られてしまう可能性があります。それを避けるために貴方が販売員だった場合、お得な商品を紹介するのではないでしょうか?

生命保険は商品です。決して特殊なものでもなんでもありません。他の商品と同じようにしっかりと比較して選び抜いて選ぶ必要があります。しかもその商品(生命保険)は家と同等の超高額商品になりえます。

他の商品よりも慎重に選ぶ必要があるのです

今の保険は誰のススメ?


今、現在契約している生命保険は一体

誰のススメで加入しましたか?

生命保険ではこれは非常に重要な事だと思われます。

親、親戚のすすめ
あなたの親や親戚は本当に生命保険をしっかり理解しているでしょうか?ただ、自分が加入しているからという理由だったり、あなたを騙すつもりは全くなかったとしても最良の保険を選べているかは疑問です。付き合いのある保険セールスの人がいい人だからという単純すぎる理由かもしれません。例え親戚自身が保険のセールスマンだからと言ってそれを理由に加入する気軽な金額でないのが生命保険です。

各保険会社のセールスマン

最悪な場合、自分の営業成績を考えたあなたに不利な保険を口うまくススメられたかも知れません。もちろんそんな営業マンは一部と信じたいですが、どんなお客様の立場にたった営業マンだったとしても、あくまで自社のなかで最良の保険です。他社のほうがより良い保険だったとしてもそれを教えてくれることはまず、無いでしょう。

上記の可能性がある以上、

信頼できる人は知識がない。知識がある人は信頼できない

ことが多い生命保険、単純な保険に複雑なオプションもあることで、自分自身で検討することも難しいのも現実です。

そこであくまで、中立な立場で生命保険の知識が豊富な人に相談するためには無料保険相談サイトがお勧めです。もちろん、自分自身のライフスタイルから必要保障などを把握した上で、最新の生命保険を知り尽くしているのならそれに越したことはありませんが、現実問題それが無理ならやはり無料相談を検討するのが簡単により良い生命保険を選ぶ方法だと思います。。


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び