生命保険の解約

現在加入している生命保険の解約


いま現在、生命保険を契約している人にとっては生命保険会社を変える際、解約する必要がでてきます。この

解約は簡単にできるのか?

という疑問が生まれてきますが決して面倒なことではありません。しかしながら、生命保険会社としてもあなたを手放したくは無いと考えています。出来ることなら継続して欲しいという本音と無理に止められないという葛藤が生まれているはずです。

無理にでも解約させないということもあってはならない話ですが考えられます。しかしこのようなことがあるのなら逆に話は早いです。そもそも保険というのは金融商品の一つにしかすぎません。解約するも継続するもお客である契約者に権利があります。このような保険会社だった場合、間違いなく解約するほうが良いと思われます。

解約の方法はセールスマンを通すと引き止められる可能性もあるため保険会社の窓口に直接「保険証券」「印鑑」「免許書」などを持参して解約すれば事務的に面倒なく解約することができます。もちろんここで記載していることは良心的でない保険会社の場合です。やっていることは完全な義務違反であり違法行為ですので消費者センター、金融庁が相談に乗ってくれます。

ただやはりセールスマン、セールスレディを通すと面倒になりがちなので直接窓口で済ませる方法がオススメです。あなたに知識があり十分はっきりとした態度がとれるなら大きな問題ではないと思います。しかし、気が小さい、お年寄りなどはセールスマンの必死の引きとめに心が動かされやすいことも事実です。より良い保険を選ぶためには当たり前のことをしっかりとやらなければなりません。

別の保険に転換する場合


とりあえず

転換

と言う言葉を聞いたなら

一旦断ったほうが無難

です。それは転換することにより大幅に損をする事も少なくないからです。もちろん保険会社は「損しますけどこっちに変えませんか?」など言うはずもありません。会社にとってネックとなる保険を利益率の高い会社にとってはありがたい保険に単純に切り替えようとしているだけかもしれません。もちろん転換したほうが良いメリットは並べますが、重大なデメリットは隠したままです。

そして、隠したままでもそれに気づく人はまずいないので問題ないのが一番の問題なのかもしれません。まるで、「一生、気が付かないで死んでしまったけど実はスリにあっていた」ような感覚です。金額が莫大な保険絡みですからスリなどは可愛いのかもしれません。転換というのは保険の下取りと言った所ですが、今まで貯めていた大きなお金(解約返戻金)が気付かない内に無くなる可能性もあるのです。

「新しい保険商品が出た!」「今までと保険料は同じでこのメリットが付け加えられている」など誘い文句は魅力的ですが、実際に魅力は保険会社、セールスマンの利益という事も十分考えられます。つまり定期保険の特約を一部買い取る定特転換は特定保険料の割引に使用し保険料が安くなりますが、

今まで貯めていたお金を食いつぶしていることになる

のです。ただし、終身保険を買い取り終身保険の保険料が安くなる基本転換の場合は問題ありません

【転換】
転換(てんかん)は今まで加入していた保険を下取りにだして新しい保険に加入することを言います。新しい保険は同じ会社でなくてはなりません。転換する際は再度、保険料が再計算されますので保険料が割高になってしまうことも少なくありませんので慎重に検討しなければなりません。

【解約返戻金】
解約返戻金(かいやくへんれいきん)は生命保険を途中でやめる、解約した時に戻ってくるお金のことです。保険契約を解約するときのほかにも告知義務違反などで解除された場合も保険契約者に払い戻すことも言います。解約返戻金が少ない、または無い場合は解約した際、戻りが少なかったり無くなってしまいますがその分保険料が安くなります。


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び