生命保険を見直そう

生命保険を見直そう


管理人は生命保険の見直しを強くオススメしています。と言うよりも他の何よりもこの生命保険というのは見直さなくてはならないものなのです。平均的な生命保険の相場を知っていますか?商品価格は2000万円と言われています。これはもう、通常の普通車に比べて高額商品だということがお分かり頂けると思います。

家、車を購入する際はしっかりと吟味して購入することでしょう。しかし、生命保険の場合、「薦められたから・・・」「みんなが契約しているから・・・」など安直に購入していると言う不思議な現象がおこっています。それもそのはず、生命保険は月々の支払い金額こそ気にしていますが、商品、本来の

総額を誰も見ていません

これほど怖い商品の購入の仕方はありません。

月々の支払いというものを甘く見ないで頂きたいと思います。「1日コーヒー1杯分の値段」などと軽々しく言っていますが、120円が1年続けば43800円です。喫茶店のコーヒー(300円)なら10万9500円です。30年なら328万5千円になります。月々の支払いと言うのは支払える額を参考にするだけのもので商品購入の参考にするべきではないのです。

この生命保険比較最前線は何も「保険に契約してください」という趣旨のサイトではありません。今現在のお金だけを考えれば契約しないほうが得だということは十分理解しているからです。しかし、生命保険というのは万が一の時に非常に役に立つものです。万が一の時に大抵困るのは正直、お金の問題なのです。

だから管理人は仕方なく、いやいや厳選した生命保険に契約するぐらいの気持ちでよいと思います。今現在契約している人もこれから新たに契約使用とする人にはしっかりとした手厚い保険で安いものを選んで欲しいと思っております。生命保険(2千万円だとすると)がたとえ1%安くなっただけで20万円も安くなるのです。10%なら200万円です。これはしっかりと見直すだけの価値はあります

生命保険の月々の支払いばかりに気をとられることなく、生命保険の手厚い補償、価格をしっかり見つめなおして欲しいと思います。

節約のはじめは生命保険


節約という言葉が定着して常日頃から心がけている人も少なくないと思います。節約をする上で大事なことは

支出の大きいところから考える

ことが重要です。電気を消す、水道を止めるなどなど・・・どれも節約には大事なことですが、大きい出費がそのままだと、これらの節約は雀の涙です。支出の大きなものを節約してこそ、細かい節約も意味のあるものになります

バケツにいくつも穴があき垂れ流しの水を抑えるためには大きい穴をふさいだほうが減りは少ないです。一生懸命小さい穴を抑えても、大きい穴を止めなければ見る見るうちに水は減ってきます。お金も同じことです。小さいところばかり注目していても大きいところを見落とすと、家計の財産は見る見るうちに減り続けます

支出の大きいものの代名詞は、家、生命保険、自動車です。家と同等の価格と言われる生命保険を見直す意義は節約にとって非常に重要なものとなることが多いと思われます。1万円のものを500円節約するよりも先に100万円のものを5000円節約したいものです。

生命保険は高額商品です。この高額商品を見直せばかなりの金額が抑えられるケースは十分に考えられるのです。普通に生活している上で常日頃から生命保険を考えることはありません。健康に過ごしていたらなんら関係のないものです。もちろん病気になってからでは遅いのですが・・・。ただし、保険料は毎月支払っているという事実は忘れてはいけません。

元の金額が高いだけに節約する上で最優先に考えなければならない項目だと思います。見直しの相談サイトや各社資料請求は無料なので今すぐ実行して無駄に支払っていることに早く気づくことが大切です。

今の保険が最良の確率は少ない


今現在契約している保険が本当に最良の保険なのかを確かめてみていただきたいと思います。管理人が今、頭に浮かぶ保険会社だけでも2,30社あります。そしてそれぞれの保険会社の保険商品は本当にたくさんあります。そして新しい商品が続々登場している中で今、契約している保険が一番良いと自信を持てる人はほとんどいらっしゃらないと思います。

見直すのが面倒だからと今契約している保険で満足している人は本当にもったいないと思います。変更する、しないに関わらず相談や、資料請求をするのは無料です。どれも同じようなものと思われるかもしれません。実際、同程度の保障なら大きく保険料が変わることは少ないと思います。しかし、

それは月々の話

です。商品そのものは大きく価格が違うことは普通にありうることなのです。

保険商品は一括で支払う方法もありますが通常は毎月支払うものです。この毎月と言うのが曲者で少しの価格がトータルで見ると非常に大きかったりします。見積もり、資料請求は何日もかかるものではありません。月々僅かに節約できたとしてもトータル何十万、下手をすれば何百万の節約につながるかも知れません。お金を稼いで手にしたお金も節約して浮かしたお金も同じです。もし、何百万の節約が出来たとしたら日当100万円です。そしてそれを確かめるのは無料なのです。

続々と新商品が出てくる中で最良の保険を探し出すことは素人ではなかなか難しいと思われます。そこでファイナンシャルプランナーに相談するサイトや各社の資料を一括で請求するサイトなど便利なサイトが無料で利用できるのです。是非、活用して大きく節約できる可能性の高い生命保険を再度見直してみるのは非常に価値あることだと思います。

今の生命保険はもったいない


生命保険というのは健康で生きていれば契約するのは無駄な商品です。極論を言ってしまえば健康で死亡するようなことがなければ契約しないほうが良いのです。もっと現実的に考えれば死ぬ直前、病気になる直前に契約するのが一番無駄のない契約の仕方なのです。しかし残念ならがいつ死ぬのか、いつ病気が発症するのかを予期することはできません。無駄と知りつつも健康時に保険料を支払う必要があるのです。

ただ、無駄な時期だからこそ生命保険に契約することができるということは忘れてはいけません。当然、死んでからでは遅いですし病気になってからでは保険金が安いなどの制約が多く契約する意味がなくなってしまいます。万全な生命保険に契約する特権を持っているのは死の予感の無い、今現在健康な人だけの特権です。しかし生命保険は病気や死の予感があって初めて関心を持つことになることも少なくありません。

必要性を感じたときにはもう遅い

ということになりかねません。

ただし、健康で生きている限り保険料がもったいない事には変わりありません。だからこそ少しでもムダをなくす努力は惜しむべきではないと思います。元々、超高額商品な生命保険だけに見直せば(もちろん新規契約する時も)その甲斐はあるぐらいの差額になる可能性は高いです。是非、賢い生命保険選びを心がけてみてください。賢い生命保険選びを手助けしてくれる生命保険相談サイト保険会社の一括資料請求サイトがありますので利用すれば短時間で簡単に最良の生命保険を選ぶことができますので活用してみては如何でしょうか?。

今の保険で大丈夫?


今の保険で大丈夫?」という質問を管理人も多数受けます。しかし、無責任に大丈夫とも不十分とも言えないのです。生命保険というのはそういう商品なのです。もちろん手厚すぎる保険に契約できるのなら安心はより高いものになるでしょう。

しかし、当然ですがそれに伴い月々の保険料も莫大になってしまいます。無理ない保険料と万が一の時の安心を天秤にかける作業が必要になってきます。とはいえ、生物である以上、ココで言う万が一は絶対に起こることです。人間が死ぬ確率は100%です。それが早いか遅いかの違いなのです。

その万が一が早い場合と遅い場合でも必要な保険料は違ってくるのです。明日と十年後では必要な金額は違うと思います。子供がいる場合はこの違いがはっきりとします。小学生にあがる前のお子さんがいる人と成人したお子さんがいる人では

これからかかるお金は雲泥の差

です。

家庭環境に大きく左右されるのが生命保険です。今の保険で今は大丈夫だけど今後はそんなに必要ない場合もあるかもしれません。すでに今の保険では不十分なのかもしれません。そういう相談を今の給料、家庭環境、今後の展望なども含めて検討するのが保険相談です。多くの人が契約している生命保険ですが、日頃は気にも留めない高額商品です。そして、気にも留めていない分、今の保険の状態を知らない人もほとんどです。毎日や毎月とまで言いません。気が付いた時、このサイトを見て生命保険に少しでも触れたときに最低限、見直しを検討してほしいと思います。

保険料も去ることながら保険内容もしっかりと見直し、安心して別のことに打ち込むためには少しでも不安に思う生命保険は相談で再確認してみてください。

見直すことが大事


生命保険を見直す際、一番問題なのが今まで支払っていた保険がムダになるという点です。これまで毎月支払っていた保険を解約して戻ってくるお金、戻ってこないお金を考えなくてはなりません。一般的に短期の場合ほど、解約時の返戻金の割合は低いです。だから乗り換えることが大事なのではなく、見直すことが大事なのです。だったら見直さなくてもと思われるかもしれませんが、保険というのはその時、その時により必要な保険が違うのが通常です。

本当に必要な保険に契約していない場合など、見直す機会がなければ万が一の時に初めて気づくようなことになりがちです。乗換えをしなかったとしてもオプションの追加やオプションの削除など細かい変更が可能な場合があるので見直す価値はほとんどの人にあるものだと思われます。

今までの保険料を考えても乗り換えるほうが得な場合も十分考えられその場合は大変大きなムダを支払っていることになっていると思われます。見直すだけなら無料で簡単に誰でも出来ます。乗り換えする、しないに関わらず簡単に見直しや相談できるサイトはトップページでもご紹介していますがたくさんあります。これらは全て無料なので活用しない手はありません。見直すことをして始めて自分の保険のムダや新たに契約しなければならない保険を知ることができるのです。是非、この機会に再度保険の見直しをすることをオススメ致します。

保険料の削減でなく見直し


最近の生命保険に関する記事は保険料の見直しを最前線に持ってくることが多いです。確かに無駄と思われる保障に毎月の保険料を支払うのは疑問ですが、削減、削減で魅力的な保険料になったとしても

魅力的な保険でなくなっていることも少なく無い

と思います。

常識的に考えれば保険料の削減をする分だけ保険の保障は薄くなります。万が一の時にしっかりとした保障を受けれない保険は支払うだけ無駄ということもいえると思います。月々の保険料を安心して支払うことも非常に大切なことですが保険料が高くなったとしても必要な保障をつけることも保険を見直す際はしっかりと考えなければならないと思います。

それでは結局は高い保険が良いのか?ということになってしまいますが、私達の人生は老後だけではありません。今現在も人生です。保険料で家計を圧迫してしまうのもやはり考え直す必要があると思います。

こうしたさまざまなことを考えながら必要な保障を最小限の保険料で計画することが大事になってくると思います。保険料の削減だけを考えず最良の保険を選ぶことが必要だと強く思います。

生命保険契約前に目的を明確に


生命保険に契約する前に、今貴方が

必要な保険はなにかを考える必要があります

また、その必要な保険は人それぞれ違うと思います。貴方が男性の場合と女性の場合も必要な保険は違うはずです。また、独身か既婚かによっても違いますし、既婚している方でも子供がいるのといないのではこれまた必要な保険は違うと思います。

万が一の時だけに必要なのか、子供が大学を卒業するまでは必要なのか、医療保険は必要なのかなどなど・・・。本当に必要な保険はその人のライフスタイル、家族構成によりかなり違います。万が一の時に助かる保険で万が一の時に必要な分だけの補償がなければ意味がありません。貴方が現在または今後必要な保険内容は何なのかを選ぶ前におおよそ考えておかなければなりません。

CMや広告で扱う保険は契約例のひとつにしか過ぎません。あなたの必要な保険、保障を知ることが必要です。現在契約している人でも保険の見直しは保険料だけではありません。保険内容もしっかり見直す必要があります。是非、必要な保険をしっかりと考えてみてください。


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び