生命保険を見直すタイミング

生命保険を見直すタイミング


生命保険を見直すタイミングは常にあると思います。それは新しい保険商品が続々と登場しているからです。しかし、ここでは特に保険内容そのものを切り替える必要がある時期に注目したいと思います。保険料どころか保険そのものを大きく変える必要があると思われる時期は人生でたくさんあります。


社会人になる時
基本的に保険料が支払えるので怪我や病気などでの医療保障を視野に入れて考える時期だと思います。
結婚した時
自分の保険と相手の保険をお互いにチェックして受取人、保障額、内容の変更の必要がある時期だと思います。
出産した時
子供を含めた保険が必要になり人生で一番保険の見直しが必要な時かもしれません。生命保険、医療保険とは別に、養育費、教育費なども考慮する必要があると思います。もちろん2人目、3人目の出産でも考える必要があると思われます。
独立・転職した時
社会保険の関係でこれまでの保険料を見直す必要がでてくるかもしれません。
マイホームを購入した時
マイホーム購入により必要な保険が違ってくる場合があると思います。
離婚した時
当然これまでと違う保険が必要になると思われます。
定年・退職した時
定年、退職前に再度チェックしておくことをオススメします。
満期になった時
満期を迎える前に再度チェックしておくことをオススメします。

当然、何度も変更せずとも見直すことは必要だと思いますが上記の場合はライフスタイル、家族構成が変わるので必要な保険内容そのものが大きく違う可能性が高いです。見直すタイミングとしては良い時期だと思います。

社会人になったら生命保険を見直そう


社会人になったら生命保険を見直すというよりも新規加入の人のほうが多いと思います。会社から斡旋してくれる生命保険もあるかもしれませんが医療保障ぐらいは確保しておきたいです。

保険料も安いので月々の生活はさほど圧迫されずに済みます。加入する際も言われるがまますんなり加入するようなことはせず、しっかりと比較して自分に必要な保障をできるだけ安い保険料で確保する努力は怠ってはなりません。

今後の生活スタイルによっては生命保険の変更は良くあることです。とりあえず今、必要な保障を考え、生命保険を選ぶと良いと思われます。怪我や入院など、急な出費は結構辛いです。生命保険を敬遠せずに最良の医療・生命保険を選んでみてください。

結婚したら生命保険を見直そう


結婚したら生命保険を見直す必要があります。独身時代のお互いの生命保険、医療保険をしっかりと確認しなければなりません。保障額、保障期間、保険料、保障内容をしっかりチェックして無駄のないように、そして足らない保障をしっかりと追加する必要があります。特に女性は姓が変わることも多いので、名義の確認受取人の変更など生命保険を変更しなければならないことが一番多いタイミングだと思われます。

とくにそれぞれ生命保険に加入していた場合は二つの保険でムダに入りすぎている保障や足りない保障は大抵あります。ライフスタイルががらりと変わる時期だからこそ生命保険の見直しの必要性が高いです。今まではシンプルな保険でお互い済んでいたものがこれからは様々な保障が必要になることもあると思います。必ず生命保険をチェックしたいタイミングです。

出産したら生命保険を見直そう


出産したら生命保険を見直しましょう。子供の養育費、教育費を含め、新たに必要な保険が必要になることも多いです。死亡保障も手厚くする必要もあるかもしれません。必要な保障額を知って適切な保険を見直すことが求められます。

万が一の時、残された妻子の生活費をすべてを遺族年金で足りない部分をすべてカバーするためにもしっかりと見直しましょう。

マイホームを購入したら生命保険を見直そう


マイホームを購入したら生命保険を見直しましょう。このマイホーム購入時期は保障内容よりも保障額の変更が必要になることが多いです。大きな債務を抱えるこの時期は保険料の見直しや保障内容をしっかりと定めておかなければ万が一の時に大きな負担となりかねません

また、マイホームを購入する際は団体信用生命保険を知っておかなければなりません。団体信用生命保険とは「団信」と呼ばれ住宅ローン契約者を対象とした生命保険で住宅ローン返済期間中の万が一のときにローン残債を保険会社が支払う保険です。何千万単位の高額な借入金だけに万が一のときの負担は計り知れません。そこで団信があれば心配無用というわけです。

【団体信用生命保険】
団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)は住宅ローンなどの債務のための保険です。債務者を被保険者にして万が一の時は債務残高に相当する死亡保険金を受け取ることが出来ます。分りやすく言えば残された家族に借金を残さないための保険です。

独立・転職したら生命保険を見直そう


独立・転職したら生命保険を見直す必要があると思います。今まで、サラリーマン、公務員だったときに比べ、様々な公的保障が薄くなることを自覚していると思います。遺族厚生年金など今まで当たり前に保障を受けていたものが遺族基礎年金のみになったりと今までと同じ生命保険では保障が足りなくなるといったことも少なくありません。

逆もまた同じです。自営業から会社員になった場合、保障が厚すぎて保険料を無駄とまでは言いませんが必要以上に支払っているケースも考えられます。職場環境が変わった場合は保険を見直すことが必要です。

定年・退職した時は生命保険を見直そう


定年・退職した時は生命保険を見直しましょう。今までと同じ保障が本当に必要なのか、今までどおり、保険料は支払えるのかを再度、確認しておく必要もあります。

多くの人は保障額は下げても問題ない場合が多いです。保険料と保障額を再度見直してみることが大切です。シニア保険もありますし保険を見直すいい機会だと思われます。

満期間近になったら生命保険を見直そう


満期間近になったら生命保険を見直すことが重要です。特に特約などの保障内容は再度確認しておきたいです。必要な保障、必要な保険金は加入時、前回更新時とは違うことも当たり前のようにあります。ライフスタイルも変わっていることも多いのでしっかりと見直すチャンスです。

保険料アップなどで月々の生活が圧迫されることもあるかもしれません。更新、転換する際もしっかりと生命保険を見直す必要があります。

離婚した時は生命保険を見直そう


もしも離婚した時は生命保険も見直しましょう。ライフスタイルが大きく変わる際は生命保険の必要保障も大きく違ってきます。また、離婚時に子供の有無にもよりますが子供を引き取る場合などは保障をしっかりと確保しておきたいです。

保険相談は先延ばしにするな!


生命保険の保険料は毎月支払っていることと思います。なので保険料に無駄がある人は今月も無駄に支払っていることになります。年間20万円以上支払っていた人が人が8万円に見直した人も管理人の身近にいます。つまり年間12万円以上の保険料が無駄と感じたということなのです。「保険相談は面倒だからまたでいいや!」という判断がかなりもったいないことをしている可能性があるのです。ですから保険相談は早急に申し込みをするべきだと思うのです。

上記の例は損したで済む話ですが(莫大な損かもしれませんが・・・)、もし万が一の事が起こってしまった場合、保険内容を把握していなかったために、当然支払われるだろうと思っていたことが規約外で支払われないということがあるかもしれません。そうなれば、万が一の為に加入した生命保険がまったく役にたたないケースが出てくるかもしれません。保険相談は保険料を安くするためだけにあるのではありません。保険内容を見直す、保険を解説してもらう機会でもあるのです。

当然、万が一になってからの保険内容の変更はできません。その万が一が1か月後に起こるかもしれませんし、それは誰にもわからないのです。そんな万が一と隣り合わせの状態なのに「今度でいいや」など悠長なことを言ってはいられないのが生命保険なのです。保険の見直しはいざ行ってみるとそんなに苦労することはありません。今後無駄に支払い続ける保険料を稼ぐことを考えればなおさらです。保険相談はできるだけ早く受けて満足できる、無駄のない生命保険を探しましょう

体調に異変を感じてからでは遅い


健康なうちはなかなか意識が向きにくい生命保険ですが、体調が優れなく、「もしかして癌?」などと寿命を意識して生命保険のことを考える人は少なくないと思います。実際、体調が優れないときに生命保険は毎回、頭によぎります。健康な時は何か月も生命保険のことなどよぎる事などなかったのですが・・・(恥)

しかし、それが大したことなく、元にもどったら生命保険の事はまた、忘れられる存在になってしまう事も多いのではないでしょうか?はっきり言って今回は良かったけど、もし、その体調不良が本当に癌で、保険金が必要な事態になっていたとしたらゾッとします。保険には待機期間というものがあって、体調に異変があり怖いから保険に加入するという状況を許してはくれません。(例外ありますが保険料は高く、保険金は安いのは当然です)

「健康の時に、万が一のことを考えろ!」と言ってもなかなか難しいのは分かりますが、健康だからこそ保険料が安く、保険内容が手厚いのです。このページをご覧になっている健康なあなたは今すぐ、保険について考えてもらいたいと思います。

常日頃から保健関係者と付き合いがあり、保険のサイトを運営している管理人や生命保険会社に勤める人は環境上、保険の事は毎日のように考えておりますが、普通そうはいかないものです。ですから健康で生命保険のことが頭によぎったらラッキーです。生命保険に加入、見直しするなら健康の今しかないと思ってください。ただし、生命保険は様々な商品がありますので正しい知識と正しい判断で最良の保険を選ぶ事だけは怠ってはいけません。

若いうちに生命保険に加入しよう?


生命保険についてあまり感心が無いのが20代だと思います。そして生命保険でよく聞くのは「若い内に加入したほうが得」ということです。これは本当なのでしょうか?未婚の20代の人でも加入したほうが良いのでしょうか?再度そのことを考えてみたいと思います。20代の人が死ぬ確率は非常に低いです。生命保険というのは万が一が無ければ掛け捨てであろうとある程度還付金が戻ってくるにしろ損をすることになります。安心は買えますけど・・・・。

そもそも生命保険というのは死ぬ直前に加入するのが一番賢い方法だと言うことは簡単に理解できると思います。若い人が医療保険などは別として死亡保険に加入しても保険金が支払われる確率が極めて少ないことは否定できません。しかしながら人間はいつ死ぬかもわかりません。若い人でも死なないという保障はどこにもありません。保険料は安いことは事実ですので加入すること自体は決して悪くないと思います。しかしながら、しっかりと商品を検証する必要はあると思います。

保険料が安いからといってムダに保障を増やしすぎたりしていては無意味になってしまう可能性が高いだけによく考える必要があるのです。月々の保険料が安いというフレーズは大変魅力的に感じてしまいがちですがトータルで安くなることも多いので本当はこちらの意味で若い内に加入するほうが良いということになります。

ただしここが一番大事なことなのですが、人間、健康な時は生命保険を考えることは少ないですが、体に不調が現れた時に生命保険を考えたりしてしまいますが生命保険は健康な人の特権でもあります。不調が現れた時には加入できないという最悪なケースも考えられます。そういう意味では健康であろう20代など若い内から加入することは非常に有効だと思います。

セールスレディが口にする「若い内に加入したほうがお得です」という言葉は非常に浅く感じてしまいます。ただ、単に月々の保険料が安いということを言っているだけで中身がありません。今加入したほうが良い、本当の価格、トータルで安くなる生命保険を提案してもらうためにもファイナンシャルプランナーによる相談を若い人も一度利用してみて欲しいと思います。生命保険は通常のローンとは逆で支払い回数が多いほどトータルで安くなるのが通常です。そういった意味でも若い内から生命保険に目を向ける必要があるのです。

【予定死亡率】
予定死亡率(よていしぼうりつ)は過去の統計を元に男女別、年齢別に死亡者数を予測して保険金などの支払いのための必要額を算出しています。その算出に利用されるの死亡率のことを言います。 

20代の生命保険


生命保険についてあまり感心が無いのが20代だと思います。とくに独身の場合はさらに生命保険を無縁のものだと考えている人も少なくないと思います。既婚者の場合で生命保険に入っていない場合、もし、貴方が明日、万が一のことがあったらこの後、残された家族を想像してみてください。

また独身でも20代は病気の心配はまだ少ないと思いますがそれに反比例して事故などの怪我をする確率は比較的高いと思われます。動きが活発な分、危険も決して少なくありません。独身者も万が一のことがあった場合を考えれば必然的に生命保険は決して無縁なものでは無いと思います。

生命保険に加入しない理由の多くは保険料だと思いますが20代での死亡確率が低い分、保険料は割安です。独身者と既婚者の必要な保険は違うと思いますがどちらも万が一の時のためにしっかりとした対策をとることは非常に有効だと思います。保険料が安いからこそ検討してみる価値は多いにあると思います。

保険相談を急がなければならない理由


世の中、じっくり検討したほうが良いことと、すぐにでも検討したほうが良いことがあります。そしてすぐにでも検討したほうが良いのが保険相談です。実は、管理人の身近な所で痛感したからです。

私の祖母の話ですが、もうかなりの年齢です。体の状況だって良い訳がありません。今までほったらかしにしていた生命保険をあるときに思い出して確認したそうです。CMでもやっている保険相談を一度してみることにしました。かなり昔に加入していた生命保険なので、やはり今続々と登場している生命保険商品に比べればやはり見劣りする部分も多いです。ですから当然、保険を見直しをすれば相当なメリットがあったと思います。

しかし、先程も言ったとおり、現在は体のあちこちに病気を抱えてしまっています。いくら今契約している保険よりも良い保険商品が無数にあったとしても今の健康状態を考えたら

契約できる保険が限られてしまう

のです。今の健康状態で契約できる保険よりも健康時に契約した昔の保険の方が保障が手厚い状態になってしまったのです。つまり、保険相談したものの現在契約している見劣りする保険を超えるものが出てこなかったのです。それも僅差ではありません。断然今加入している保険のほうが悩む余地がないぐらい手厚いのです。

病気でも契約できる保険というのは、それほど価値として薄くなってしまうのです。当然、その保険はそのまま保留して契約していますし、生涯保険を変えることはもう無いと思います。人は誰しも年を取りますし、年を取れば体の何処かしら悪くなっていくものです。保険料は保険金に対し高くなり、万が一の時におりる保険金は低くなっていくのです。

要するに、保険相談を遅らせれば遅らせるほど

選択肢が少なくなってしまう

という事なのです。もちろん、無料の保険相談なので今保険相談をして、更に5年後再度保険相談をすることも出来ます。しかし、今なら契約できる保険が5年後に契約できる保険とは限りません。選択肢の多い今だからこそ一度、保険相談をしておき5年後に健康でそれよりもメリットのある保険があるなら乗り換えれば良いのです。


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び